日本一太った葬儀屋日記



命とプライド

先日、施行した葬儀は故人が、87歳のお爺様でした。
お亡くなりになる前日までお元気に過ごされ、翌朝起きてこないのを確認に行ったところ
息をひきとっていたそうです。

このお爺様とは、生前に私も何度かお話をしていたので、特別に思い入れがあり悲しみの中でもしっかり送ってあげなければと気持ちを切り替え仕事にとりかかりました。

今日はそんなお爺様のエピソードを少々、お話します。

そのお爺様は、旧日本軍の復員兵で、話すたびに今の俺はお釣で生きているんだよ。
本当ならば、戦友と共に、ビルマの山の中で死んでいる筈だった。
無事に内地に帰って来れたのはたまたま運が良かったんだ、とおっしゃっていました。

私は、当時はどんな気持ちで戦地に赴くのか聞いてみたのですが、良くテレビや新聞で
報じている様なお国の為と言うよりも、このままでは異国に蹂躙されてしまう。
その時、自分の暮らしてきた地域や愛する家族の生活が踏みにじられてしまう。
それならば、自分が戦いに行くという誇り高い気持ちだったそうです。

現在、マスコミや教科書が報じているものよりも重みのある言葉は本来ならばもっと色んなところに届けられていいのではないのでしょうか?

今回の葬儀を通してお爺様の戦友の方から他にも色々なお話を聞くことができました。
銃弾に撃たれたままシベリアに抑留され、戦争が終わって6年経ってから戻って来た方、
特攻隊の志願兵で、たまたま飛行機が飛べずに翌日に終戦を迎えた方。

誰もが、ただ生きながらえるのではなく、命をどのように使うがか大事な事を知っている方達です。

先日、フィリピンで旧日本軍の生存兵がいるという報道があった際にも、戦友同士で連絡を取り
我々が今まで生きながらえていたのは、彼らを本土に迎える為だ、と話し私財を投げ打ってでも戦友を迎えてあげなければと話し合われていたそうです。

こんな話しを聞くと今の自分がいかに情けないんだろうなんて考えてしまいます。
ただ、私もこの様な思いが確かにある事を、葬儀を通じて次世代に伝えていけるように精進したいと思います。



読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-06-13 13:54 | 私の思い

葬儀特集番組を見て

先日の7日、8日と二日続けてテレビ東京、NHKで葬儀の特集をおこなっていましたので拝見しました。

テレビ東京の番組では喪主の立場になった切り口で、従来には無かった視点で構成されていたので一般の方には参考になったのではないだろうか?

最近、このような番組で必ずあるのが悪徳業者の座談会だ。
あのような業者がいるのは事実であるが、葬儀業界に限らずどのような業界にも、消費者寄りの業者と消費者を無視した利益優先の業者がある事は間違いないであろう。

しかし、あのような視点で番組を構成すると新たな悪徳業者の誕生に繋がるような気がするのは、私だけであろうか?

私は中学生の時に山村留学をしていた時に、テレビのドキュメンタリーの取材を受けたことがあるが、その様なドキュメンタリー番組であっても常に、リアルタイムで取材をおこなっているのでは無く、作っている部分(悪く言えばヤラセ)が殆んどであり衝撃を受けた事を思い出す。

番組を作っている方は、面白いモノを作らなければいけないと言う気持ちが優先してしまうことは、心情的には理解出来ますが興味本位でオモシロオカシクするのではなく、消費者にとってあのように不安を煽る様なものではなく、本当に役に立つ情報を載せた番組が求められているのではないだろうか?

さらには番組では心づけが必要と言っていたが、私の知る限りでは殆んどの地域で心づけの撤廃が徹底されている。
東京都などでの民間事業者主体の火葬場などではいまだに心づけが必要なのも事実だが、このようなケースは現在では少数派である。
スタッフへの心づけの要請があるような業者はあまりいい業者とは言えないだろう。
見積もりなどを取るときに心づけの有無を確認するのも業者を判断する材料になるでしょう。

また、ネットの普及により葬儀社紹介センターの話も出ていたが、私の方にも何度か営業に来たことがありますが、お話をすると確かに立派な意見を言うのですが、なぜ実際に施行しないのか聞くとあくまで紹介業ですからと逃げてしまうのです。

現在の葬儀に不満を持ち、儲けを度外視して本当に理想に燃えて葬儀に携わるのであればNPOなどを立ち上げてアピールするのが本来あるべき形ではないでしょうか?
どんなに奇麗事を言っても会社組織である限りは、業務を行い利益をあげるのが第一です。
結果的に余分な仲介が入れば、その分の費用は結局消費者の皆様が負担しているのは間違いないでしょう。

お気に入りのレストランや洋服屋さんを探すように葬儀屋も事前に自分自身で探すのが一番いいのでは無いでしょうか?

色々と、苦言を申しましたが葬儀業界も、10年前では考えられないくらいに情報公開が進んでいます。
縁起でもないなどとは考えずに、今度の休日は葬儀屋さん巡りや、自分らしい葬儀を考えてみるというのはいかがでしょうか?

案外、あなたにとって新たな世界が発見できるかもしれませんよ。


読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-06-10 14:41 | 私の思い

お盆ぼんぼん

お盆のルーツ
7月もしくは8月の13.14.15日はお盆ですね。
本来は旧暦の7月(現在の8月)に行われていました。
最近では地域により7月もしくは8月に分かれて行われています。

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。
盂蘭盆会とはサンスクリット語のウラバンナと言う言葉ルーツになっております。
この言葉の意味は、逆さ吊りと言う意味なのですが、仏教用語では地獄で責め苦にあっている
人々を救う法要と言うように解釈されています。

お盆と言う行事のルーツはお釈迦様の弟子の一人である目連尊者がお母さんを救う話に由来します。
目連尊者がある時、神通力により死後の世界を覗いた所、尊者のお母さんが地獄に落とされ苦しんでのを見つけました。
見ることは出来ても、実際に救う事の出来なかった尊者はいてもたってもいられず、師匠であるお釈迦様に相談したのです。
そこでお釈迦様は言われました。7月15日(旧暦)に修行を終えた僧侶たちが戻ってくる。
その者達を招き供養してもらい、多くの供物を多くの人々に振舞えばお前の母親も救われるであろう。
その話を聞いた尊者はさっそくお釈迦様の教えを行ったところ、その功徳により尊者のお母さんは地獄より救われ、極楽に行かれたとの事です。
この話を聞いた人々が、亡くなった家族が地獄で苦しまないようにと目連尊者を模倣したのがお盆のルーツと言われております。

日本におけるお盆の始まりは、仏教の伝来より少し遅れて、推古天皇の606年に初めて行事として行われたと伝えられております。

現在のお盆は仏教的な意味合いだけでなく、農耕儀礼、祖先信仰などと融合し、地域ごとの民族、伝統儀式としての意味合いも強くなっております。
その意味では、これが絶対に正しいというものはありません。
ただ、親族、縁者が集まり、ご先祖様を偲び、命の繋がりを自覚し、今の自分をかえりみる
と言う気持ちは1000年余りの昔からも変わらぬものでありましょう。
新盆
故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を[新盆=ニイボン]といいます。
【新盆=アラボン】、【初盆=ハツボン】、【新盆=シンボン】などと呼ぶこともあります。

※四十九日の忌明けより前に、お盆を迎えた時は、その年でなく、翌年のお盆が、新盆となります。 

・新盆の時は、親戚・知人・近親者を招き、僧侶を迎えて、読経してもらいます。
(読経のあとは、仏への供養の意味で、参会者全員で食事をします。)

・仏壇には盆の期間中、朝、昼、晩と3度の度に家族と同じように食事を供えるようにします。これを「霊供膳(れいくぜん)」と言います。

・普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の気持ちのあり方としてとして自然なことと言えるでしょう。

◆最も丁寧な新盆の迎え方

・盆棚=精霊棚(しょうりょうだな)を設け、初物の農作物でつくったお供物(きゅうり・なす)を飾り(現在ではわら製の代用品が一般的です。)、13日にはおはぎ(ぼたもち)でお迎えして、14日にはそうめん、おにぎり、15日には団子を供えます。他にも故人の好物なども供えます。なお、このお供物は墓前にも供えるので用意します。
また、お盆の間は精霊に自分の家を教えるために、軒先に新盆堤灯を飾るものとされています。
d0032059_15261927.jpg



■新盆提灯■



新盆を迎える家でととのえたり、親戚や知人から、お盆の前に贈られたりします。

※新盆に限り、精浄無垢の白で霊を迎える意味から白木で作られた紋天が最も多く使われます。
軒先や縁側や仏壇の前に吊るして火を灯し、その灯りによって精霊に迷うことなく家まで導かれるという意味が込められています。新盆用提灯は1回(1年)限りです。


※新盆用の白い提灯は昔は自宅の庭でお焚きあげ(供養のため燃やす)をして土に埋めたり、川に流したり、菩提寺に持っていき供養をしてもらいましたが、現在では火袋に少しだけ火を入れて燃やし鎮火を確認してから新聞紙などに包んで処分する事が多くなっています。

・新盆提灯は、お盆のあと、お寺に納める習慣になっているところもあります。

読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-06-05 15:28 | 四季の流れ

京都紀行

久しぶりの更新になってしまった。。。
ブログをサボり中に京都に行ってまいりました。
研修などでたまに行くことはあっても、完全なプライベートで行くのは高校時代の修学旅行以来かな。
幸い天候にも恵まれ、神社仏閣では神秘的な力を感じ自分の中の新しい自分を発見し、美味しいお酒と食事も目と口で満喫でき、久しぶりにのんびりと出来る休暇を過ごす事が出来ました。
d0032059_21391211.jpg

d0032059_21404522.jpg
d0032059_2140222.jpg


私は地方に行くと、そこで地元の人々とおしゃべりをするのが大好きなんですが、やっぱり1000年以上の歴史を持つ街の方はどこか違うような気がします。

なぜかと言うと今回の旅行で出会った方達は、お話をすると言葉の節々に地域を愛し、ご先祖様を敬い、歴史を認識する事により、今ある自分自身の命の繋がりを自覚されてる様に感じられたからでしょう。

最近は個人主義が一番の様な風潮が多いですが私はこの風潮に非常に疑問を感じます。
人は一人で生きていくことはある程度成長してからなら可能ですが、一人きりで生まれて来る事は不可能なのですから。

今現在も核家族化が日々進行しているようですが、このような家庭環境の中でも命の繋がりを自覚する為にも、宗教的な意味合いでなく先祖信仰は大事なのでは無いでしょうか?

お仏壇など無くても、お祖父ちゃん、お婆ちゃんの写真に毎朝、お水をあげて挨拶すると言う様な事を習慣づけるだけで気持ちが変わってくるはずだと思います。

その様に考えるとあなたの命、そして私の命も一人だけの物ではありません。
今現在の家族、友人などの横の繋がりと、ご先祖様、そしてこれから生まれてくる子供たちと言う縦の繋がり、この繋がりをリアルに体現しているからこそ京都と言う街は1000年以上の永きに渡り人々に愛されているのでしょうね。

今回の旅行で出会った全ての方々に感謝します。
d0032059_2292100.jpgd0032059_2292613.jpgd0032059_22102536.jpg








読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-27 22:17 | 四季の流れ

Grand Finale

先日、知人の親御様の葬儀に参列した時の事ですが、今回は当社ではなく大手葬儀社での施行でそちらの葬儀社の式場で行っていたのですが、同業者である私の目から見ても大変立派に装飾してありましたが何か違和感を感じたんですよ。

後日、自宅のほうに伺い色々とお話をしたのですが立派に送ってあげたいと申し出てあのような形になったとおっしゃっていましたが担当された業者の方は確かに卒なくこなしてくれたそうですがマニュアル通りの感覚でただお葬式をこなすといったように感じられたとおっしゃっていたのが印象に残ってます。

私からすればお葬式と言うのは、人生最後の儀礼であるから故に誰もが故人を思い出し、偲べる様な環境作りが大事だと思うのです。
100人いれば100通りのお別れがあるのが相応しいと思います。

ただ立派に装飾するのは技術があれば誰にでも出来ます。
しかし思いを形にするのは簡単ではありません。

同じように思いを形にするものに結婚式、披露宴があります。この様な式を行うには半年もしくは1年も前から綿密な打ち合わせを重ねて準備しますよね?
しかし、お葬式と言うのは同じような準備を長くても5日程度で決めなければなりません。
しかも大切な家族を失い動揺している時にです。

大概の葬儀社は、遺族の皆様が動揺しているときに業者のペースにて打ち合わせを進めていきます。
私はその様なやりかたでは、無難な葬儀は行えても故人を偲び、悲しみを癒す葬儀にはならないと思います。

限られた時間の中でも、綿密な打ち合わせをして参列された全ての方に故人の思いを伝えて偲べる様な式を作る事が私達、葬祭業者の使命だと思っております。

私もまだまだ修行中ですが悲しみのプロとして、また葬祭プロデューサーとして、日々精進していきたいと思います。



読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社d0032059_13284017.jpg
d0032059_1329964.jpg
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-21 13:32 | 私の思い

繋がり

d0032059_1085119.jpg
久しぶりの更新になってしまいました。。。
生まれ育った地元で仕事をしていると、色んな団体に誘われる機会が非常に多いんです。
ただ、そこでの出会いは私にとっては非常に大切な物です。
仕事に繋がるという単純なメリットだけでは無く、地域社会を盛り立て自分たちが生まれてきて、育った街をもっと良くしようと言う共通の価値観があるからこそ共に勉強し、杯を交わし語り合い、時にはバカもやる、こーゆうのって古臭いけど私は大事だと思うんですよねぇ。

写真は私の所属している佐倉青年会議所と言う団体で、創立30周年記念に佐倉市に寄贈させてもらった土俵と寄贈式からのワンショットです。

今週末は市内の小学生がここで子供相撲大会を行います。
自分たちが行動した結果で子供たちが喜んでくれる、こーゆーのってむちゃむちゃ嬉しいですよね♪
このような繋がりが日本中でちゃんと機能すれば、いろんな面でもっと良くなるんじゃないかなぁ。


読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社





d0032059_10112349.jpg
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-19 10:43 | 各種団体活動

お葬式に赤飯っ!

先日新しく買った資料を読んでいたら面白いネタがあったのでそのお話。

皆さんはお赤飯を食べる時って、どんなシュチュエーションを想像しますか?
殆んどの方は、お祝い事に結び付けてだと思うんです。
でもね、実はお葬式でお赤飯を食べる地域もあるんですよ。

私が参考にした資料(葬儀と墓の現在 民族の変容 国立歴史民族博物館編集)
によると日本全国で、151ヵ所でいまだ葬儀の際に赤飯を食べる地域があるそうです。
(文化庁、調査による)

一般的に、葬儀で儀礼に使う食物と言うと餅、団子、饅頭、と言うところがメジャーであろう。
赤飯と言うのは知らない人が見たらお祝い事じゃないと怒りを表すかも知れないが、
沖縄から北海道まで、全国各地に少数ながら葬礼文化として根付いているのが
非常に興味深い。

遠野物語で知られる柳田国男の仮説によれば、赤飯を食べる時と言うのは
日常から祭事に気持ちを切り替える時に、食すものであり、いわば現実から
祭事、葬儀など非日常に変わる時に一つの儀式として、行われていたそうである。

まぁ私なんかの感覚ですと、天寿を全うした長寿者に長生きできて良かったね。
ゆっくり休んで下さい的な、お祝いの感覚。
もしくは仏教的に考えれば、不浄な下界での修行を終えて、無事に仏様になれましたね。
仏様に成れたことをお祝いしましょうと言う感覚のほうがしっくり来ますが。。。

いや、しかしこの業界は色々勉強したいことがたくさんあって、非常に面白いです。
色んな知識を皆さんに還元出来たら嬉しいですね。



読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ併せて当社ホームページも御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-13 15:32 | 葬儀豆知識

公営斎場説明会にて

今日は年に一度の斎場説明会、近辺の葬祭業者が一同に集うがモラルの低さに辟易する。

せっかくの官と民の意見交換が出来るというのに発言するのが、自分を含めて2人だけ・・・

普段大口を叩いてる社長さん、そしていつも控え室で愚痴ってる社員さん、

今日は何も意見を出さなくていいんですか?

せっかくの立派な事も思っているだけでは現状は何にも変わりませんよ。

結局、馴れ合っているだけではどんどん世間から遅れていっちゃうし。

我々のお客様がよりよいサービスを受けれる為にも、もっと意識を高めていきませんか?

まだまだこの業界には黒船が必要みたいです。


読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ併せて当社ホームページも御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-12 13:57 | 日々徒然

black hospital2 ~遺体製造工場~ 病院営業の裏側

今日は昨日の続き、病院営業の裏側をお話しします。

皆さんは営業と言うと当たり前のように当事者同士で商談をして条件を整えて
契約する。そんなイメージがあるんでは無いでしょうか?
そのようなまともな営業ではなく葬祭業者と病院の癒着にはお金にまみれた
ドロドロとした世界があるのです。

昨日お話しした病院との契約には、多額の金銭契約(数百万~億)が最低でも必要です。
この他にも施設改装の強要、救急車の寄付、酒宴の強要、挙句の果てには病院職員の
新車購入、ブランド品のプレゼント
などまとも感覚でははぁ?と思うような実情が
まかり通っているのです。
これが営業と言えるのであれば、倫理観やモラルといった観念は一切感じられませんね。

まぁこれは病院だけに限らず、警察などの指定業者のも同じことがいえるんですが。。。

当社にもたまに病院指定になりませんか?いつまでに3千万を寄付してください。
などの電話がかかってくることがあります。
当社ではお客さんの負担になりますからとお断りしています。(まぁそんなお金も無いですしね。)

この様な悪弊を断つには消費者の皆様の力が無ければ変えようがありません。
生意気を申しますが悪徳業者を駆逐するためにも正しい知識を覚えて下さい。

そして悪徳業者を駆逐する。これを実行するのは簡単です。
事前に信頼できる業者と担当者を探しておき、
不幸があった際には、病院から寝台車の申し出があった時にお断りし、事前に
相談しておいた業者に連絡するだけです。

これだけのことで不透明な葬祭業者から身を守ることができます。
どうぞよろしくお願いします。



読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-10 12:23 | 本日のボヤッキー

black hospital ~遺体製造工場~

このブログを読んでいる方は、既にご存知かもしれませんが今日は病院と葬祭業者の癒着のお話しです。

業界でのアンケートを参考にしますと家族の方に不幸があった際に実際に葬祭業者を決める際に病院からの紹介業者に決めてしまう事が殆んどようです。

最近ではマスコミなどでも話題になり色々と問題視されておりますが、いざその様な立場になった場合、動揺して冷静に対処できないのは仕方無いことかもしれません。
ここで病院指定業者の実態を知っていただき、きちんと判断してもらえれば幸いです。

一口に病院の紹介と言っても何種類かパターンがあります。

1.年度ごとに入札、もしくはくじ引きをし指定業者を決めている。

この様な病院の指定業者であれば悪質な癒着が無いので、まだ安心して依頼することが出来ます。都内では最近、このような形が増えてきてるようです。

2.病院と言う組織が特定の業者と金銭にて契約している

公営、民営を問わず全国の殆んどの病院がこのケースに当てはまると思われます。
この様なケースの場合お亡くなりになると看護師さん、お医者さんから病院のほうから寝台車を紹介しましょうと声を掛けてくれます。先程まで一生懸命治療してくれてた訳ですから親切な言葉に聞こえますが、実際には病院指定以外の業者にこられるとまずいですのでこれも営業トークなんですね。
病院の指定業者さんは少なくても数百万、多ければ数千万から億!?必要以上の営業経費をかけています。ですから病院指定業者さんに依頼するとその金額はお客さんの懐に跳ね返ってくるんです。このケースは業界で言う大手業者に多いですね。

3.病院のスタッフ(看護士、医者、事務局)が個人で葬祭業者に斡旋している。

これはまぁ少数派ですね。でもここまでくると遺体ブローカーですし収賄行為(完全な犯罪行為ですね)などが当然のように行われており、かなり黒い感じがします。でも一般の方からすると2番と区別するのは至難の技ですね。

あなたは大切な方の最後をこの様に癒着にまみれた業者にお願いしたいですか?
明日は病院と指定業者のドロドロとした実情をお話ししたいと思います

乞うご期待!


読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
# by daipart2 | 2005-05-09 18:09 | 本日のボヤッキー


千葉県佐倉市で松井葬儀社を営んでいるお酒と音楽をこよなく愛する日本一太った葬儀屋海保大亮「かいほだいすけ」の日々の思いを書いてあります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
Phendimetraz..
from Phendimetrazin..
Phentermine ..
from Lowest price p..
通常葬儀と家族葬の費用の比較
from 家族葬・葬儀社評判、見積り、..
ほーれほれほれ!
from 花びら
流れるプールはガチ
from きんぶ
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧