日本一太った葬儀屋日記



カテゴリ:日々徒然( 5 )


久方ぶりに・・・

従来の飽きっぽい性格が災いしまして、半年以上も更新をしておりませんでした。
いるのか分かりませんがこのブログを心待ちにしていた方に深くお詫び申し上げます。

さて先日の毎日新聞に非常に興味深い記事が掲載されていましたので転載します。

TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半~、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した。きっかけは「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせないで、と学校に申し入れた母親がいた」という手紙だ。番組でのやり取りを参考に、改めて「いただきます」を考える。【文・遠藤和行、写真・米田堅持】

 ◇「私の場合」を募集

 手紙は東京都内の男性から寄せられ、永六輔さん(72)が「びっくりする手紙です」と、次のように紹介した。

 《ある小学校で母親が申し入れをしました。「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と》

 番組には数十通の反響があり、多くは申し入れに否定的だった。あるリスナーは「私は店で料理を持ってきてもらった時『いただきます』と言うし、支払いの時は『ごちそうさま』と言います。立ち食いそばなど作り手の顔が見える時は気持ちよく、よりおいしくなります」と寄せた。

 一方、母親のような考え方は必ずしも珍しくないことを示す経験談もあった。「食堂で『いただきます』『ごちそうさま』と言ったら、隣のおばさんに『何で』と言われた。『作っている人に感謝している』と答えたら『お金を払っているのだから、店がお客に感謝すべきだ』と言われた」との内容だ。

私は、この記事を読んだ瞬間にえっ!と声をあげていました。
食事と言うのは、非常に楽しみにしている人が多いと思います。
私も美味しい物を食べると非常に嬉しい気持ちになりますし、美味しいお店を探して歩くのも大好きです。

ただ、食の本質はあくまで美味しく食べるためではなく、生かされている自分自身の命を繋ぐ為に食事を取って命を分けてもらっているのだと私は思っています。

命を繋ぐために命を分けてもらうのだから『いただきます』と、謝意を示すのは人間として当たり前の行為では無いでしょうか?

現在では子供たちがスーパーや商店の店先でしか魚や肉を見たことが無い人もいると聞いております。
彼らにとっては、切り身やブロックののままがリアルな魚や動物に見えてしまっているのでしょう。

私の幼かった頃は幸い近所に自然も多く、虫取りや魚釣りに熱中したものです。そして近所に精肉店もありましたのでそこでは豚の解体作業などを興味本位に見学していました。

豚も精肉店に着くと自分の運命が分かるのでしょうね。大きな体から大きな涙をボロボロと流しているのを見て子供ながらに心が痛みました。

その頃は子供ながらにもとんかつを見ると豚さんとんかつに成っちゃって可哀想、でも美味しいようと泣きながら、おかわりをしていたことを思い出します。

私はそのような経験を通して食事と命の繋がりを自然に学ぶことが出来ました。
今の時代にはマッチしていないのかもしれませんが、今こそ親子でこの様な経験をするのが必要ではないでしょうか?
その事によって自然に『いただきます』って言葉が出てきたら素敵ですね。
全ての食卓に幸ある様に。

読んで頂き誠に有難うございました。
宜しければ、当社ホームページも併せてご覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2006-01-22 21:41 | 日々徒然

フューネラルビジネスフェア

月日は流れ水無月となり・・・
毎年、この時期に行われるフューネラルビジネスフェア、全国津々浦々から東京の平和島にある東京流通センターを目指し、葬儀業界関係者の民族大移動が二日間に渡り起こっていることがあまり知られていない。(当たり前だが)

ここ10年近く毎年開催されているので、現在ではお盆前の業界の風物詩となりつつある。
今回は、ごく最近テレビ等での葬儀特集が多数あったせいか例年よりマスコミ関係者が多い感じでした。

このフェアが始まった当時はまだまだ一般的な業者よりも、いかに葬儀屋に祭壇などを売り込もうかという会社が殆んどだったのですが、10年の月日は業界の体質を変えてしまい現在ではその様な業者は殆んど見受けられません。

私は古い人間ですから、そんな業者との駆け引きも楽しかったんですが、今となっては懐かしい思い出です。

ここ何年かで一番増えているのがインターネットを使った葬儀社紹介センターなどIT関連の業者が中心ですね。

その様なところは葬儀業者らしい人が前を通ると露骨に、契約すれば仕事を回しますよ。とのアプローチをかけてきます。
私はこんな業者に下に見られるのも嫌ですから相手にしませんけど、この様な業者に本気で葬儀の相談に行かれるお客さんの事を思うと胸が痛みます。
お客さんの前で奇麗事を言っていても、所詮昔からある葬儀社の上前をピンハネするブローカーに毛が生えたような連中です。
自ら手を下さずに美味しいところだけで偽善の仮面をかぶってビジネスをしているようですが
葬儀業界が本当によその業界と肩を並べれるようになったときには、きっとその様な業者は淘汰されているのではないでしょうか?

私がこのフェアで毎回楽しみにしているのが本当のプロに出会えることと講習をうけてくることです。
今回は静岡のお花屋さんが、浮世絵の波と富士を表現しているものに圧倒されました。
d0032059_2341575.jpg



そして講習では講師の先生による実体験に基づいた講演の基、本当にあるべき姿のサービスと本当の意味でのマナーを学ぶことが出来ました。
この講習で学んだことは早速今日より実践していますが、ソフト面で他社と圧倒的な差をつけたい私としてはかなりいい感じです。
このまま我が社の社員のモチベーションも上がりまくってくれたら最高なんだけれど。

もう一つは、この様なフェアには必ずある霊柩車。
d0032059_23504815.jpg

上記は日産のシーマのリムジン使用なんですが車両価格が¥16.000.000
一瞬、欲しくなりましたが私の年収の三年分以上なんて買える訳が無い。。。

まぁなんだかんだでいい勉強をさせてもらいました。
また来年も参加したいですね。

読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-06-17 23:57 | 日々徒然

公営斎場説明会にて

今日は年に一度の斎場説明会、近辺の葬祭業者が一同に集うがモラルの低さに辟易する。

せっかくの官と民の意見交換が出来るというのに発言するのが、自分を含めて2人だけ・・・

普段大口を叩いてる社長さん、そしていつも控え室で愚痴ってる社員さん、

今日は何も意見を出さなくていいんですか?

せっかくの立派な事も思っているだけでは現状は何にも変わりませんよ。

結局、馴れ合っているだけではどんどん世間から遅れていっちゃうし。

我々のお客様がよりよいサービスを受けれる為にも、もっと意識を高めていきませんか?

まだまだこの業界には黒船が必要みたいです。


読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ併せて当社ホームページも御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-05-12 13:57 | 日々徒然

訃報  -お天気おじさんの死ー

梅雨じぇんしぇんなどの台詞で有名な気象評論家の福井 敏雄さんが去る4月27日にお亡くなりになったそうです。

私も当時は良くモノマネをしていましたので当時を思い出しつつお偲びし謹んでご冥福をお祈りいたします。

テレビの中で彼のとつとつと話す姿はいまだに鮮明に思い出せます。あのように好々爺として印象に残る語り口は司会という同じ土俵で仕事をする立場から見ても目標でありわたしもあのように皆様の心に残る様な司会を提供出来るようにこれからも精進したいと思います。

五月晴れの中旅立った福井さんあの世から今年の梅雨じぇんしぇんの観測をよろしくお願いします。  どうぞ安らかに。

さてお話は変わりますが明日5月1日は当地佐倉において時代祭りが開催されます。
今ではすっかりGWの佐倉の風物詩として定着し毎年たくさんのお客さんがおいでです。
私も地元の商工会のメンバーとして焼きそばなどを売っておりますのでブログ見たよーなんて声を掛けてもらえれば非常にありがたいです。

明日も天気はいいようですのでよろしければ家族そろって遊びに来てくださいね。
お待ちしております。



読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-04-30 15:35 | 日々徒然

縁~ENISI~

生きていると毎日毎日色々な人々に出会う。

仕事の関係での巡り合わせ、たまたま隣の席に座った方。

60億分の1と言う確立で巡り合うのだから偶然と言うよりは必然であろう。

どんなに出会いの多い方でもこの星に生きる全ての人々に出会うことは不可能なのだから。

縁という見えない心の糸で結ばれた必然。

全ての出会いが皆様の幸せに繋がりますように。



読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-04-28 15:43 | 日々徒然


千葉県佐倉市で松井葬儀社を営んでいるお酒と音楽をこよなく愛する日本一太った葬儀屋海保大亮「かいほだいすけ」の日々の思いを書いてあります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
Phendimetraz..
from Phendimetrazin..
Phentermine ..
from Lowest price p..
通常葬儀と家族葬の費用の比較
from 家族葬・葬儀社評判、見積り、..
ほーれほれほれ!
from 花びら
流れるプールはガチ
from きんぶ
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧