日本一太った葬儀屋日記



カテゴリ:四季の流れ( 3 )


お盆ぼんぼん

お盆のルーツ
7月もしくは8月の13.14.15日はお盆ですね。
本来は旧暦の7月(現在の8月)に行われていました。
最近では地域により7月もしくは8月に分かれて行われています。

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。
盂蘭盆会とはサンスクリット語のウラバンナと言う言葉ルーツになっております。
この言葉の意味は、逆さ吊りと言う意味なのですが、仏教用語では地獄で責め苦にあっている
人々を救う法要と言うように解釈されています。

お盆と言う行事のルーツはお釈迦様の弟子の一人である目連尊者がお母さんを救う話に由来します。
目連尊者がある時、神通力により死後の世界を覗いた所、尊者のお母さんが地獄に落とされ苦しんでのを見つけました。
見ることは出来ても、実際に救う事の出来なかった尊者はいてもたってもいられず、師匠であるお釈迦様に相談したのです。
そこでお釈迦様は言われました。7月15日(旧暦)に修行を終えた僧侶たちが戻ってくる。
その者達を招き供養してもらい、多くの供物を多くの人々に振舞えばお前の母親も救われるであろう。
その話を聞いた尊者はさっそくお釈迦様の教えを行ったところ、その功徳により尊者のお母さんは地獄より救われ、極楽に行かれたとの事です。
この話を聞いた人々が、亡くなった家族が地獄で苦しまないようにと目連尊者を模倣したのがお盆のルーツと言われております。

日本におけるお盆の始まりは、仏教の伝来より少し遅れて、推古天皇の606年に初めて行事として行われたと伝えられております。

現在のお盆は仏教的な意味合いだけでなく、農耕儀礼、祖先信仰などと融合し、地域ごとの民族、伝統儀式としての意味合いも強くなっております。
その意味では、これが絶対に正しいというものはありません。
ただ、親族、縁者が集まり、ご先祖様を偲び、命の繋がりを自覚し、今の自分をかえりみる
と言う気持ちは1000年余りの昔からも変わらぬものでありましょう。
新盆
故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を[新盆=ニイボン]といいます。
【新盆=アラボン】、【初盆=ハツボン】、【新盆=シンボン】などと呼ぶこともあります。

※四十九日の忌明けより前に、お盆を迎えた時は、その年でなく、翌年のお盆が、新盆となります。 

・新盆の時は、親戚・知人・近親者を招き、僧侶を迎えて、読経してもらいます。
(読経のあとは、仏への供養の意味で、参会者全員で食事をします。)

・仏壇には盆の期間中、朝、昼、晩と3度の度に家族と同じように食事を供えるようにします。これを「霊供膳(れいくぜん)」と言います。

・普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の気持ちのあり方としてとして自然なことと言えるでしょう。

◆最も丁寧な新盆の迎え方

・盆棚=精霊棚(しょうりょうだな)を設け、初物の農作物でつくったお供物(きゅうり・なす)を飾り(現在ではわら製の代用品が一般的です。)、13日にはおはぎ(ぼたもち)でお迎えして、14日にはそうめん、おにぎり、15日には団子を供えます。他にも故人の好物なども供えます。なお、このお供物は墓前にも供えるので用意します。
また、お盆の間は精霊に自分の家を教えるために、軒先に新盆堤灯を飾るものとされています。
d0032059_15261927.jpg



■新盆提灯■



新盆を迎える家でととのえたり、親戚や知人から、お盆の前に贈られたりします。

※新盆に限り、精浄無垢の白で霊を迎える意味から白木で作られた紋天が最も多く使われます。
軒先や縁側や仏壇の前に吊るして火を灯し、その灯りによって精霊に迷うことなく家まで導かれるという意味が込められています。新盆用提灯は1回(1年)限りです。


※新盆用の白い提灯は昔は自宅の庭でお焚きあげ(供養のため燃やす)をして土に埋めたり、川に流したり、菩提寺に持っていき供養をしてもらいましたが、現在では火袋に少しだけ火を入れて燃やし鎮火を確認してから新聞紙などに包んで処分する事が多くなっています。

・新盆提灯は、お盆のあと、お寺に納める習慣になっているところもあります。

読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-06-05 15:28 | 四季の流れ

京都紀行

久しぶりの更新になってしまった。。。
ブログをサボり中に京都に行ってまいりました。
研修などでたまに行くことはあっても、完全なプライベートで行くのは高校時代の修学旅行以来かな。
幸い天候にも恵まれ、神社仏閣では神秘的な力を感じ自分の中の新しい自分を発見し、美味しいお酒と食事も目と口で満喫でき、久しぶりにのんびりと出来る休暇を過ごす事が出来ました。
d0032059_21391211.jpg

d0032059_21404522.jpg
d0032059_2140222.jpg


私は地方に行くと、そこで地元の人々とおしゃべりをするのが大好きなんですが、やっぱり1000年以上の歴史を持つ街の方はどこか違うような気がします。

なぜかと言うと今回の旅行で出会った方達は、お話をすると言葉の節々に地域を愛し、ご先祖様を敬い、歴史を認識する事により、今ある自分自身の命の繋がりを自覚されてる様に感じられたからでしょう。

最近は個人主義が一番の様な風潮が多いですが私はこの風潮に非常に疑問を感じます。
人は一人で生きていくことはある程度成長してからなら可能ですが、一人きりで生まれて来る事は不可能なのですから。

今現在も核家族化が日々進行しているようですが、このような家庭環境の中でも命の繋がりを自覚する為にも、宗教的な意味合いでなく先祖信仰は大事なのでは無いでしょうか?

お仏壇など無くても、お祖父ちゃん、お婆ちゃんの写真に毎朝、お水をあげて挨拶すると言う様な事を習慣づけるだけで気持ちが変わってくるはずだと思います。

その様に考えるとあなたの命、そして私の命も一人だけの物ではありません。
今現在の家族、友人などの横の繋がりと、ご先祖様、そしてこれから生まれてくる子供たちと言う縦の繋がり、この繋がりをリアルに体現しているからこそ京都と言う街は1000年以上の永きに渡り人々に愛されているのでしょうね。

今回の旅行で出会った全ての方々に感謝します。
d0032059_2292100.jpgd0032059_2292613.jpgd0032059_22102536.jpg








読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-05-27 22:17 | 四季の流れ

皐月

まばゆいばかりの初夏の陽光に照らし出された新緑は目にも鮮やかで

吹き抜けてゆく風は大地の息吹を告げている。

鳥たちは喜びの詩を歌い、山里では田園が茶色から柔らかな緑色に変わり子供たちが魚取りに興じている。

皐月、それは全ての生あるものがキラキラと輝いて見える季節である。

今、自分自身の輝きを再確認し命の暖かさと有り難さに感謝して日々の生活を送りたい。



読んでいただき誠に有り難うございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-05-06 12:00 | 四季の流れ


千葉県佐倉市で松井葬儀社を営んでいるお酒と音楽をこよなく愛する日本一太った葬儀屋海保大亮「かいほだいすけ」の日々の思いを書いてあります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
Phendimetraz..
from Phendimetrazin..
Phentermine ..
from Lowest price p..
通常葬儀と家族葬の費用の比較
from 家族葬・葬儀社評判、見積り、..
ほーれほれほれ!
from 花びら
流れるプールはガチ
from きんぶ
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧