日本一太った葬儀屋日記



本当のサービスとは

最近、家族葬専門業者と名乗っている同業者が増えていますがどうも怪しい感じです。

私のところにも施工後のお客様が何軒か相談に来てますが、お話を聞いたたところ
返礼品や通夜ぶるまい、精進落しの食事迄含んだ総額表示の為足りなければ追加余っても引き取りは無しというらしく本来のサービス業のの在り方からはかけ離れてると思います。

サービス業である以上、私の思うには葬儀と言うのは故人そして家族、縁のあった皆様の思いを具現化し故人らしいオリジナリティーを出しつつ儀式としての厳粛さも残さなければならないと思っています。

そこにはやはり葬儀屋さんとしての企画演出力が必要です。例えてみるなら注文住宅の打ち合わせをするような感覚です。
故人の性格、イメージ、家族構成、生前のお仕事、好きだったお花、音楽、趣味etc...この他にも緻密な取材をさせていただいて初めて式作りに取り組む事が出来るのです。

一人一人に個性があるようにお葬式もその人らしさを表す。
このように考えると同一のパック企画で行うことは葬祭業者の怠慢だと私は思っています。

いいお葬式とは故人、家族、縁の在った皆様方がその空間に来たときより故人との思い出を辿れるような世界へ導く。
その様な世界を我々、葬祭業者は作っていかなければなりません。
祭壇だけでなく好きだったコーヒーとクッキーをメッセージと共に返礼品にしたり、もしくはワインや日本酒の好きな方でしたら故人の愛飲していた銘柄をお清めの席にて故人の好きだった曲をBGMに皆様に飲んでいただく、この様な事が故人との絆の再確認になるのではないでしょうか?

単純にパック化された企画であればマニュアル通りの打ち合わせで企画演出力などは必要無いのでしょうが。その様なお式では従来通りの形骸化された葬儀と何も変わらないままです。
故人の為にもそのような在り来たりの形で本当にいいのでしょうか?

このテーマを突き詰めていくと最終的には、極論ですが費用をとるか、思いをとるか、になってしまいそうです。

よろしければ皆さんの意見を聞かせてください。


読んでいただき誠にありがとうございました。
よろしければ当社ホームページも併せて御覧下さい。
(有)松井葬儀社
[PR]
by daipart2 | 2005-05-08 10:36 | 私の思い
<< black hospital ... 弔辞(お別れの言葉)の書き方 >>


千葉県佐倉市で松井葬儀社を営んでいるお酒と音楽をこよなく愛する日本一太った葬儀屋海保大亮「かいほだいすけ」の日々の思いを書いてあります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
Phendimetraz..
from Phendimetrazin..
Phentermine ..
from Lowest price p..
通常葬儀と家族葬の費用の比較
from 家族葬・葬儀社評判、見積り、..
ほーれほれほれ!
from 花びら
流れるプールはガチ
from きんぶ
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧