日本一太った葬儀屋日記



意外と知らないお葬式の補助金制度

葬儀が終わった後に申請をしてお金をもらう、と言いますと殆んどの方が「生命保険」をイメージされておるようですが、実際には忘れられがちな給付金(補助金)、遺族年金の制度があります。ご存知でしたか?

今回は給付金制度に限ってご説明いたします。遺族年金についてご質問のある方はお手数ですが、メールにてご連絡下さい。

お勤めの方は社会保険、自営業や個人の方は国民健康保険と、殆んどの方が何らかの健康保険に加入していると思いますが、故人が加入していた保険事務所に申請すると、葬祭費(または埋葬費)という名目で、補助金が受け取れます。

■国民健康保険から出る「葬祭費」
自治体によって金額が異なりますが、5万円~10万円程度が補助金として支給されます。
各市区町村役場の市民課や保険課などの健康保健を扱う窓口へ申請して、被保険者資格喪失の届出(役所でもらえます)と同時に行ってください。申請期間は死亡日から2年間となっております。

申請必要書類

・故人の保険証
・お葬式の領収書
・申請者の印鑑
・振込先
※ただ、自治体ごとに若干手続きが異なりますので、申請に行く前に担当窓口へ電話をして、必要なものを確認されてから行くのが良いでしょう。

■社会保険から出る「埋葬費」
故人の1か月分のお給料と同じ額が支給されます。(最低10万円~最高98万円まで)
個人の勤務先を管轄する社会保険事務所へ申請しますが、総務部があるくらいの規模の会社でしたら、ほとんどが会社で手続きを行っていただけますので、まずは勤務先に問い合わせてみましょう。申請期間は死亡日から2年間となっております。

申請必要書類

・個人の保険証
・勤務先事業主による申請書類への記入・捺印
・死亡診断書または埋葬許可証などの死亡を証明する書類
・印鑑

これは労災の手続きとは違いますから、混同しないようにして下さい。労災が必要な場合は別途申請して下さい。
ご一緒に手続きを行うことは出来ませんので十分ご注意して下さい。
尚、社会保険加入者の扶養家族が亡くなった場合は、家族埋葬料として一律10万円が支給されます。
もし、故人が失業保険の受給期間に亡くなってしまった場合は、6か月以内に最寄の職業安定所へ申請することにより失業保険の残額を請求できます。受給資格者証、死亡診断書、戸籍謄本、印鑑が必要です。

これらは自動的に支給されるものではなく、あくまで申請することによって初めて給付されるものです、役所、保険事務所から案内等はありませんので、くれぐれも忘れないようにお気をつけ下さい。

平均10万円と言う金額は大金ですよね?貰えるものは貰わないと、大きな損をしてしまいますのでお気をつけ下さい。


読んで頂き誠に有難うございました。
宜しければ、当社ホームページも併せてご覧下さい。(有)松井葬儀社
mail:matsuisougisha@catv296.ne.jp
[PR]
by daipart2 | 2006-02-23 11:02 | 葬儀豆知識
<< お葬式の形式と種類 久方ぶりに・・・ >>


千葉県佐倉市で松井葬儀社を営んでいるお酒と音楽をこよなく愛する日本一太った葬儀屋海保大亮「かいほだいすけ」の日々の思いを書いてあります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
Phendimetraz..
from Phendimetrazin..
Phentermine ..
from Lowest price p..
通常葬儀と家族葬の費用の比較
from 家族葬・葬儀社評判、見積り、..
ほーれほれほれ!
from 花びら
流れるプールはガチ
from きんぶ
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧